今一生(こん・いっしょう)


職業:フリーライター&エディター、プランナー

公式サイト:Create Media Online

http://www.createmedia.co.jp

 

 1965年、群馬県生まれ。千葉県立木更津高校卒。

 早稲田大学第一文学部除籍。

 1990年からフリーライター&エディター。

 広告や旅行の企画、テレビ番組やCM音楽の制作なども手掛ける。

 

 1997年、親から虐待されて育った人たちから公募した手紙集『日本一醜い親への手紙』3部作(メディアワークス)Create Media名義で企画・編集し、児童虐待の実態を初めてわかりやすく全国に知らせる。


 その後の角川文庫版も含めて約30万部のベストセラーにし、AC(アダルトチルドレン)ブームの一翼を担う。


 1999年に被虐待児童とDV妻が経済的かつ合法的に自立するための支援本『完全家出マニュアル』()を発表。そこで造語した「プチ家出」は流行語になった。

 

 その後、家出もできない被虐待児童や自立できない若者たちを取材し続け、彼らに自傷行為や自殺未遂の経験者が多いことから、結果的に10年以上、300人以上の自殺・自傷経験者たちと付き合い続ける。

 

 そうした経験は、『生きちゃってるし、死なないし/リストカット&オーバードーズ依存症』(晶文社)、『「死ぬ自由」という名の救い/ネット心中と精神科医』(河出書房新社)などの本に描かれた。

 

 また、90年代半ばから、全国の大学・高校・中学・小学校はもちろん、青年会議所、企業、教育委員会、教職員組合などで、大人の知らない若者たちの最前線の事情(家出・自殺・労働意欲・雇用など)について講演活動を行う。


 一方、自殺の誘因となるさまざまな社会的課題をビジネスの手法で解決していく「社会起業家」の働き方に注目し、事業型NPOを中心とする社会起業家の精力的に取材を続け、日本初の「県別・社会起業家リンク集」を作成

 

 2007年春から1年間、東京大学で自主ゼミの講師を務める。


 087月、学生と社会人の混成チーム「社会起業家支援員会」を結成し、『社会起業支援サミット』を早稲田大学・大隈講堂で行い、全国から社会起業家10団体と市民300人を動員して社会起業家の認知向上を支援。


 09年は全国各地の大学生・社会人に地元での『社会起業支援サミット』の開催を呼びかけ、20104月までに27都道府県で実現


 2010年7月、『日本一醜い親への手紙 厳選版100通』を復刻すると同時に、わが子に生まれるまでの愛を親が語り継ぐ公募手紙集『パパとママからのラブレター 生まれてくれて、ありがとう』を出版予定。

 

 国内外の新聞・テレビ・雑誌でのコメント・講演・著書多数。

 

好きなこと:映画、空手、音楽、マンガ、イベント、社会起業など。
好きな本:今東光、C・ブコウスキー、寺山修司、宮台真司など。

好きな映画:テリー・ギリアム、ジョン・ランディス、ティム・バートン、中島哲也、園子温、寺山修司など。

好きな音楽:J-POP、フュージョン、ボサノヴァ、フレンチ、合唱曲など。